バイナリーオプション比較「誠」

バイナリーオプション取引、国内業者を利用するメリット

バイナリーオプション比較「誠」

 

バイナリーはオプション取引のひとつです。オプション取引はデリバティブの一種で、ある原資産が、あらかじめ決められた将来の日または期間に、一定のレートや価格で取引する権利を売買するといったものです。通常のオプション取引では、その期間は長く取られていますが、バイナリーオプション取引の場合には主に数時間後の値動きを予測するという違いがあり、また売買の方法も通常のオプション取引とはやや異なります。

 

バイナリーオプション取引では、ある一定のレートや価格が、あらかじめ定められた時間に上昇しているか下降しているかどうかの権利を購入するというものになります。権利はチケットという形で販売されるので、投資する金額を増やす場合にはチケットの枚数を増やすことになります。予測が当たれば、ペイアウト率に応じて払い戻しが行なわれ、外れた場合には払い戻しは行なわれません。ペイアウト率は1.5倍程度から1.8倍程度であるため、一般にはハイリスクハイリターンの金融商品として知られていますが、通常の信用取引などとは異なり損失が限定的というメリットがあります。現在、バイナリーオプションといえば外国通貨で行われているものを指しており、FXなどでのリスクヘッジとしても利用されています。

 

取り扱っている業者は、国内のFX会社や証券会社ですが、本場は海外で海外の業者で日本語に対応したところも多くあります。海外業者を利用するメリットとしては国内業者と異なり面倒な手続きをしないで取引を開始できるという点です。また機能も充実しており取引環境が良いという点がありますが、出金するさいの条件が厳しいといったデメリットもあります。

 

一方で国内業者は安心して利用できるメリットがありますが業界内での規制もあり、取引をしたい場合には簡単なテストに合格する必要があり、手続きがやや煩雑というデメリットがあります。ただしちゃんとした身分確認なども行なわれるので出金は通常のFXや証券会社同様にすぐに行えるメリットがあります。

 

もう一つの視点から相場を見ることが求められている

バイナリーオプション比較「誠」

 

FX投資というのは本当に奥深いもので人生をかけても完璧にわかりきるということはないかもしれません。それだけFX投資は難しいものなので、マスターするとか攻略するかは基本的にあきらめていたほうが気が楽かもしれません。ところで、なぜFX投資は奥が深いのかと考えると為替マーケットの上がり下がりをあてるというだけなのにと疑問に思うかもしれませんが、シンプルだからこそ奥が深いのだと思います。

 

単純だからこそ、実はこうかもしれないしああかもしれないしと思うときりがないのです。FX投資をしたことがある人ならば分かると思いますが、考えが自分の中でまとまらなくなるときがあるのです。特にレンジ相場は難しく、どうなるか数時間後の行方を占うのが厄介なものです。FX投資には特有のリズムがあり、それは一度上がったあとは再び上がる前に下がりをしたりなど、下がったらずっと下がるということはなかなかないです。一度反発するというのは、どうしてでしょうか。

 

やはりFXトレーダーのなかではそこでもう一度自分のポートフォリオを見直そうという人たちもいるので、違う動きがかぶってくるのかもしれません。FXトレーダーとして大勢についていくのがばからしいと考えるクールな人たちは、下がり目こそチャンスという意見があるのも確かです。FXトレーダーは本当にいろいろな意見の人がいるから、自分の感覚だけで為替マーケットをみているとよく分からないという結論にいたることもありますが、完璧にマーケットを読むことなどできないとあきらめた方が考えがまとまりやすくなります。

 

FXトレーダーが考えをまとめるために利用することをおすすめするのは、やはりその考え方を示すというメモ帳です。あとあと振り返ってみたときに、どうしてそう思うかを示していた方が自分で自分が分からなくならずにすみます。FXトレーダーは、自分の考え方は為替マーケットの動きに似ているより、違っているほうが儲けやすいという利点もありますが、自分の考え方と相場が似ているという人はもう一つの視点から相場を見ることが求められています。

 

 

資金に余裕があっても全額投資しない事がFX取引には大切

バイナリーオプション比較「誠」

 

FXは投資の中でも一番気軽に取引が出来ると思います。株のように決算書とか多くの書類を分析する事はないし、投資した企業が倒産するというリスクもにないため、損切りを怠らなければ安全な金融商品だと私は感じています。しかしその中でも資金を減らさない努力は重要です。資金が無くなれば取引自体が出来なくなりますので常に自らの資産からFXに取引できる資金はどのくらいか把握しておく必要があります。例えば貯金が100万円しか無い人が70万も80万もFXにつぎ込むのは危険です。生活に必要となる費用はどのくらいかを計算して決して多額の資産を投じる事のないようにする事が大切です。

 

また、取引においても300万円の投資資金がある人がいきなりドルに300万円分を投資するのは大変危険です。上手くいけば大儲けできますが、ある程度の損失を抱えると追証という追加の証拠金を支払う必要も出てきます。FXはギャンブルではありませんので決して1つの取引に全額出すことのないように注意が必要です。私は過去に資金の3分の2以上を使って豪ドルを買い、多額の損失を出して市場から退場した経験があります。この時私はFXをギャンブルと捉え、チャートなどもしっかり分析せずに「円高か円安か」を自分なりに予想して適当に取引していたのです。その結果として退場という苦い経験をする事になってしまったのです。

 

人は資産を多く保有していると時にお金の大切さを忘れてしまう事もあります。FXは損切りをきちんとすれば安全だと思いますが、ハイリスクな取引と位置付けられていますので資産の多くを投資するには注意が必要なのです。FXはあくまで資産運用です。資産運用という事は資産を減らさないように常に経済の動きや国際情勢、テクニカル指標などを理解しておく必要があります。そのような努力をしても一気に資金をつぎ込むことで全てを失う事もあるのです。大切な資産を守るために絶対に1つの取引に全額を出す賭けのような事はしない事が投資家として必要な姿勢だと思います。

 

 

キャッシングとは?

バイナリーオプション比較「誠」

 

個人にお金を貸すサービスをキャッシングといいます。法人に対して融資するサービスとは異なります!!法人ですと、お金の使用目的などを申請しなくてはいけませんが個人の融資の場合は何に使おうと自由なのが特徴です。

 

目的は自由とは言っても、融資して頂ける金額に上限があります。キャッシングの場合、ATMなどの現金自動支払機で比較的簡単に現金を引き出すことも可能ですし、窓口にて現金を受けとる方法もあります。他にも、指定している口座に現金を振り込んでもらえるサービスもあります。このような小口金融のことを゛キャッシング〟と言います!!

 

現在、とても便利なもので駅や街中にあるキャッシュディペンサー(現金自動支払機。CD)で現金を引き出せてしまいます。コンビニにはATMもあるので、街中に住んでいる方はどごても現金を引き出すことが可能なのでとても便利でしょう。なので、そういったサービスも色々ありますから比較してからキャッシングすると良いです。何回借りても、しっかり返済しているのであれば何度でも受けられるサービスです。借入してもらうにしても、返済をするにしても・・・このような便利なCDやATMを利用することが出来るのでとても便利ですね!!

 

キャッシング後、引き落とし日時を待てずにお金を用意してしまった場合でもすぐに返済すれば金利を安くしてくれている会社もあります。それを実現してくれている会社が、テレビのCMでもやっているプロミスさんです!!

 

決められた限度額内になってしまいますがお金が急遽必要になってしまった時などにとても助かるサービスですよね!クレジットカードをお持ちの方でも中には「キャッシングは借金だから利用したくない」という方もいらっしゃると思います。ご存知の方が多いかとは思いますが、キャッシングを利用したくない方はクレジットカードを申し込む際にキャッシング機能をつけないようにすることも出来るので、安心かつ便利ですね。

 

FXのテクニカルツールを使わなくなったら成績が良くなった私

 

ここ最近の私は、昔に比べるとだいぶFXのやり方が変わったと思います。初心者の頃は、とにかくツールに頼っている一面がありました。特によく利用していたのが、ボリンジャーだったのですね。3つの線によって形成されているツールなのですが、頻繁に用いていたものです。ところがある時から、私はそのようなツールを全くと言って良いほど使わなくなったのですね。最近は、もうローソク足しか見ていません。なぜそのようなやり方を採用したかと申しますと、ツールを使いこなすのが難しいことが分かったからです。

 

そもそも上記のボリンジャーにしても、かなり奥が深いツールなのですね。1日や2日で、使い方をマスターできるようなツールではありません。それで私も自分なりに頑張って、そのツールの使い方を色々勉強していました。時には試行錯誤なども繰り返したのですね。しかしどう頑張っても、そのツールで利益を発生させることができなかったのです。それである時から、私はツールを使うの完全にストップしました。見るものは外貨の価格と、ローソク足だけですね。我ながら、本当にシンプルなやり方で売買をしていると思います。

 

そして面白いことに、そのやり方で売買をするようになってから、だんだん利益率が上がってきたのですね。ツールを使えば利益率が高まるケースも多いですね、私の場合は高まらなかった訳です。そして幸いな事に、ローソクというツールはどの会社でも見る事ができます。金融会社によってはあまりチャートが充実していない事もあるのですが、私の場合はそれでも問題ないと考えています。とにかくローソクとチャートさえ見ることができれば、何も問題ないからです。

 

ちなみに数日間も、私はローソクだけを見て売買を行っています。それでコンスタントな利益が発生している状況なので、これで問題ないと思っているのですね。FXのやり方は、人それぞれです。中には、なかなかツールの使いこなし方が分からない方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は私のように、いっそローソクだけを見るのも良いと思います。実際にやってみると、必ず何か勉強する事ができるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/09 08:00:09

FXに関するニュースが発表された時にナンピンで売買する

 

FXでは、ニュースが大きなポイントになります。そのニュースにも色々な種類がありますが、中でも重要度が高いのが経済指標です。特にアメリカの失業率に関する数字は、非常に大切ですね。あのタイミングでは、とにかく外貨は大きく動きます。めったに見られない大きな動きが発生しますので、デイトレで売買を行っている方にとっては、いわゆるチャンス場と言えるでしょう。

 

ところでそのニュースが発表されているタイミングにおいて、ナンピンを活用するやり方があるのです。しかもそのやり方は、なかなか利益率が高いです。例えばニュースが発表される前のタイミングで、外貨の金額は41円になっていたとしましょう。それで例えば、悪いニュースが報道されたとします。よくあるパターンですね。悪いニュースが報道されれば、もちろん外貨の金額は下がる傾向があります。一瞬にして、40.8などに下がることも珍しくありません。

 

その一瞬の利益を目指して売り玉を保有するのも一法なのですが、私ならば買い玉を保有します。つまりまず40.8のタイミングで、とりあえず買い玉を保有するのですね。その後さらに下落が加速し、今度は40.6になったとしましょう。そのタイミングでも、また買い玉を保有するのです。ただし上記の48よりも、少し多めな建玉を保有します。さらに下落が加速した時には、もっと多くの建玉を保有するのですね。

 

そしてニュースが発表された後は、たいていリバウンドが発生します。例えば上記のように40.6になった後に、また40.9に戻ることも、頻繁にあるのですね。狙いはそのリバウンドです。そもそもニュースが発表されたといっても、正直どこまで下がるか分からない一面があります。ですので次々と買い玉を保有していって、流れに任せるのですね。そしてタイミング良く決済をすれば、たいてい大きな利益が発生します。ただしこのFXのやり方は、利益が発生する確率は100%ではないです。かなりの高確率で利益は発生しますが、たまに損になります。その時は、やはり潔く損切りをするのが賢明だと思いますね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:59:09

順次倍にしていくFXのナンピンとそのデメリット

 

FXで利益を生み出すための方法は、色々あります。その1つはナンピンなのですね。ナンピンと聞くと、あまり良い売買のやり方ではないと思っている方もいらっしゃるでしょう。実際確かにやり方によっては、ちょっと合理性を欠くこともあります。だんだんと損が拡大してしまうリスクを秘めていますので、とても難しい方法の1つなのですね。しかしそれも工夫次第なのです。やり方によっては、大きな利益が発生する事もあります。

 

例えば次のようなやり方があります。ある時の外貨の金額が、43円になっていたとします。それで今後は上昇すると踏んだので、とりあえず43のタイミングにて建玉を保有したとしましょう。ところがFXは、それほど簡単なものではありません。もちろん下落をする事もあり、42.5などに下がってしまったとしましょう。その時にさらに売り玉を保有するのがナンピンなのですが、ここで枚数を倍にするやり方があります。つまり上記の43のタイミングで一枚だけ保有していた場合は、42.5のタイミングでは2枚保有する訳ですね。

 

それで順次枚数を倍々にしていくやり方があります。その後さらに値段が下がって、42ちょうどになった時には、4枚を保有するのです。さらに41.5にまで下がった時には、8枚を保有する訳ですね。どんどん倍増させていく訳です。このやり方のメリットですが、リバウンドが発生するとかなりの高確率で利益が発生します。例えば上記の41.5まで下がった後に、42ちょうどまでアップすると、差し引き分の利益が発生するのですね。前述の8枚の建玉の利益が、非常に大きいのですが。

 

このナンピンのやり方は、非常に利益率は高いと思います。ただし完璧でもありません。なぜならスイスショックのような事が起きると、大変だからです。上記のナンピンで売り玉を倍増させていく方法もあるのですが、スイスショックのような大きな上昇が発生すれば、たちまちロスカットになってしまうでしょう。つまりそのFXのナンピンのやり方にも、リスクはあります。そのリスク対策をよく考える事が重要なのですね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:59:09

自分が利用しているFXの会社の売買履歴はとても良い教材

 

金融会社のシステムを利用しますと、私たちはその履歴を確認する事ができます。いわゆる通帳のようなシステムです。通帳の良い点は、もちろん他の入出金の状況がすぐに分かる事です。特にお金に関する集計をする時には、とても助かりますね。ところでFXにも、もちろんそのようなシステムがあります。いわゆる売買の履歴なのです。そのシステムには、自分が売買をした情報は全て記録されています。何月何日の何時頃に売買をしたかも明記されていますし、実際の枚数や結果なども表示されているのです。

 

そしてその履歴は、非常に良い教材だと思います。FXに関する入門書などを探している方も多いと思いますが、それよりも良い教材との意見もあるのです。そもそも自分の履歴を見てみると、様々な情報が分かってきます。自分の利益を見ると、もちろん損が発生した時の状況なども、確認する事ができるのですね。逆に利益が発生した時に関する情報も見れるのですが、それを見る事自体に意味があります。

 

そもそも私達は、売買の腕前を上達させる必要があります。自分の腕前が上達すれば、それだけ利益率も高まる事が多いのですね。そのためには、試行錯誤などは欠かすことができません。ところで自分の腕前を上達させるためにも、やはり自分の弱点を知っておく必要があるでしょう。もしも履歴を確認してトータルでマイナスになっていると判明した時には、さらに細かく履歴を見てみると良いでしょう。それで原因を探ってみると、だんだんと自分の弱点が見えてくるものなのです。

 

そして、それは入門書よりも良い情報を教えてくれると思います。そもそも書籍に書かれている情報は、必ずしも自分にマッチしているとは限らないのですね。書籍を執筆している方はデイトレ派で、自分がスイング派で売買をしている場合は、マッチしない可能性があるのです。しかしFXの履歴には、もちろんそのようなミスマッチもありません。それだけ的確な情報を得られる訳ですから、やはりその履歴はとても良い教材だと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:59:09

FXを通して知り合った仲間と会い、そこで情報の交換を。

 

個人的な見解はともかくといたしまして、今、外国為替証拠金取引、いわゆるFX取引というものがものすごい人気なんですね。どうしてこんな経済的にもけっして元気とは言えない時代に、こういった取引が注目されてるのか不思議に思う方も多いんじゃないでしょうか。だって、こういう取引ではあたりまえのことですが、ただ儲けるだけじゃなくて、ときには大きなリスクを被ることもあるじゃないですか。下手をすれば借金もできちゃう。

 

かなり、それは難しいことなんだろうけれど、でも、実際にFX取引をやられてる方は増えてるんです。FX取引がこれほどまでに人気の理由は多々あげることができる。少ない資金で始められ、それでも大きな取引ができるってこと。それから24時間いつでも取引できることも大きな魅力ではありますね。取引手数料も安いって評判でございます。それから、金利差でコツコツ利益を出すことも可能。まあ、これだけの利点でも大きいですね。

 

でも、忘れてはいけない魅力に、こんなものがございます。それはFXトレーダーの友だちをつくること。今はパソコンやスマートフォンでオンラインゲームを楽しむ方も多いですが、彼らの中ではまだ見ぬ人とともにパーティーを組んで敵を倒すようなゲームがございます。その知らない友だちと、ときにはオフ会なんてものを開いたりしておりますね。実際に会って、ゲームを熱く語り合う。これがまた楽しい。

 

FXトレーダーのオフ会というものがどういうものかと言いますと、やっぱりFXを通して知り合った仲間と会い、そこで情報の交換をしたりするんです。ただ飲んで楽しむこともアリでございます。ご自分と同じ考えの方と話し合うのは、これはとっても楽しいものじゃないですか。まあ、これをFXのオフ会と言っていいのか分かりませんがね。

 

このオフ会のメリットを考えるなら、自分の知らない情報が手に入る可能性があること。これがまず一番でございます。それから、友だちのトレードスタイルを勉強することもできること。そして、気軽に話し合える友人をつくることができるってところでしょうか。

 

これだけは言わせて下さい。自分一人だけのトレードというものは、確かに大切なことかもしれませんが、やっぱり回りを見て勉強することも利が大きいんじゃないでしょうか。そして、最終的には、ご自分のトレードスタイルを築き上げることでございます。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:59:09

1つのFXの外貨にこだわらず複数で売買する方がチャンスも多くなる

 

FXで売買をしている方々は、チャンスをうかがっている一面があります。いわゆるチャンス場というものは、確かにあるのですね。デイトレで売買をしている方々などは、大きな動きが発生するチャンスをうかがっている傾向があります。というのも大きな動きが発生する局面では、それだけ短期間に利益が発生する確率が高まるのです。代表的なものとしては、やはり指標でしょう。いわゆる経済関連のニュースが発表されるタイミングでは、かなり大きな動きが発生する事も珍しくありません。ですのでデイトレで売買をしている方々は、そのニュースが発表されるタイミングの少し前に、スタンバイをしている事も多いです。

 

ところでこの商品で売買をするのであれば、複数の外貨を用いる方が良い一面があります。というのも複数を用いれば、それだけ多くのチャンスが訪れることが多いからです。例えばNZDで売買をしているとしましょう。その場合は、いわゆるオセアニアに関連するニュースが大きなポイントになってきます。オーストラリアとニュージーランドに関するニュースだけは、チェックしておく方が良いでしょう。

 

ところで前述のニュースには、スケジュールがあります。そのスケジュールが発表されるまでに、ちょっと待たされる事もあるのですね。例えばあるニュージーランドのニュースが発表されるタイミングが、18時だとしましょう。そして次のニュースは23時だとします。そして18時のニュースが完了した後は、23時まで待たなければなりません。デイトレの方々としては、それでは少々じれったいと思っている事が多いのですね。

 

そのような時は、別の外貨に着目してみる方法があるのです。例えば20時などにアメリカに関するニュースが発表されるとします。そのような時は、ちょっと米ドルに手を出してみるのも良いでしょう。20時のタイミングになれば、米ドルが大きく動いてくれると期待できるからです。しかしニュージーランドだけで売買を行っていれば、前述のように待機する必要があるのですね。ですのでFXでは、1つの外貨だけにこだわらない方が良い一面もあります。複数の外貨を利用すれば、それだけチャンスも多くなるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:59:09

FXの売買成績は経験の長さには比例しない一面がある

 

私たちのパフォーマンスは、経験年数などに左右される一面があります。実際多くの企業は、そのように考えているのですね。思えば私たちは、年数によって評価される事があります。いわゆる面接などでは、過去の職務経験などを質問される事が多いのですね。過去に何かの職務経験がある方などは、お仕事のパフォーマンスが期待できると思い込まれているからです。

 

ところがFXという商品の場合、必ずしも年数に比例するとは限らないのですね。かなり経験が豊富な方々でも、成績が良くない事があるからです。以前にあるFXの情報サイトにて、コンテストが開催されていた事がありました。そのコンテストでは、5人のトレーダーの方は売買成績を競っていたのですね。そのコンテストの参加者は、本当に多彩でした。経験年数がかなり短い方もいましたし、逆にかなりの年数を誇っている方も参加していたのです。

 

それである時に、コンテストが開催されました。そして最終的な結果が、ちょっと驚くべきものになっていたのですね。経験年数がかなり短い方は、トップになったのです。そのトップになった方は学生なのですが、その金融商品に関する年数はかなり短いです。にもかかわらず、その投資商品でトップの成績を記録する事ができたのだそうです。ところで経験年数が長い方はどうなったかと申しますと、かなり成績が悪かったのですね。ちょっとその方は失敗してしまい、希望するパフォーマンスができなくなってしまったのだそうです。

 

つまり経験年数が短い方は、長い方に勝っていた形になります。単純に年数だけで判断すれば、年数が長い方がパフォーマンスは期待できるのですが、実際の成績はそうではなかったのですね。つまりFXという商品は、取引経験が長ければパフォーマンスが良いとは限らない訳です。かなり年数が短い方は、思わぬ成績を記録することもあるのが、この投資商品の奥の深さの1つですね。いわゆるビギナーズラックで、大きな利益が発生している事例も案外多いようです。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:58:09

悪材料が出尽くしているので理由もなく上昇するFXのニュージーランド

 

最近FXのニュージーランドの外貨は、ちょっと不可解な状況になっているようです。特に理由が無いにもかかわらず、上昇している状況なのですね。そもそも外貨が動く時には、必ず何か理由がある筈です。例えば失業率などはその1つですね。国の失業率がかなり悪ければ、当然その国に対する評価は低くなります。ですので失業率が悪いという数字が発表されれば、売り玉を保有する方が良いと言われているのです。もちろん失業率だけでなく、販売件数などに関する数字も同様です。

 

ところで前述のニュージーランドの場合は、最近はちょっと上昇傾向になっているのですね。今までとは逆の状況になっています。そもそもここ数ヶ月間ニュージーランドは、ちょっと下落していたのですね。それもかなりの勢いでの下落が発生していて、わずか2ヶ月足らずで10円近くの下落になっています。これだけ大きな下落が発生するのが、この国としてはかなり珍しいですね。

 

理由は色々あります。その国の金利が下がるという話が出ていますし、さらに追加での利下げが発生するという話も浮上しているのです。さらに物の値段も、追い打ちをかけている状況なのですね。物の値段が下がっているので、その国の主な産物による利益率が低くなると考えられているのです。それでちょっと急落が発生していた形になります。ところが最近のニュージーランドは、もう意味もなく上昇しています。上昇が発生する原因が全く無いのに、ゆっくりと上昇を続けている状況なのですね。それでネット掲示板でも、なぜこのように上昇しているのか意味が分からないとコメントされている事も多々あります。

 

思うに、やはり材料の出尽くしではないでしょうか。下落材料が尽きてしまっている訳です。材料が何もなくなってしまえば、自然にリバウンドが発生しても何も不思議はないのですね。ニュージーランドに限らず、FXでは他の外貨でも上記のような状況はよく見られます。意味もなく上昇している時には、悪材料出尽くしと考えて良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:58:09

ある時にFXのポンドを急落させた小売業の指標

 

私はある時に、イギリスのポンドに関するとても興味深い状況を目撃した事があります。かなりの急落が発生していたのですね。ある日私は、ふと様々な外貨の高値と安値を見ていました。どの外貨がどれだけ動くのか、ちょっと興味を持っていたのですね。それで数ある外貨の中でも、イギリスのポンドだけはとても大きく動いていることに気が付きました。その日の他の外貨の場合は0.7円くらいしか動いていなかったにもかかわらず、そのイギリスの外貨の場合は2円くらいの動きが発生していました。

 

ちょっと興味を持った私は、その外貨の状況をチャートで確認してみたのです。すると、まさに急落をしている最中でした。一気に大きな下落が発生していた訳ですが、その勢いがかなり強かったのですね。わずか数分足らずで、1円近く下落していたのを覚えています。それは一体どういう事なのか調べるために、私はFXのニュースをちょっと調べてみました。すると、指標が原因だったのですね。

 

私がそのチャートを確認する少し前のタイミングで、イギリスの小売業に関するニュースが発表されていたのです。それで予想よりも、かなり悪い数字が出ていたようなのですね。もちろん予想よりも悪ければ、外貨は大きく下落する傾向があります。それにしても、わずか数分で1円前後も下落しているのは、驚きですね。確かに経済に関するニュースなどは外貨を大きく動かす力があるのですが、それだけ大きな下落が発生しているケースは、比較的珍しいのです。イギリスにとっては、その小売業という数字はやはり重要度が高いのではないでしょうか。

 

ですのでFXのポンドで売買をしようと思っているのであれば、ちょっとその小売業に関するニュースだけはチェックしておく方が良いと思います。さらにそのニュースが発表される前のタイミングでは、基本的にはポンドの建玉は保有しない方が良いと思います。わずか数分で上記のような下落が発生する訳ですから、思わぬ大きな損になってしまう可能性もあるからです。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:58:09

なぜプロのFXトレーダーはポンドに配属されるのを嫌がるか

 

FXは個人の方々だけでなく、プロも行っています。いわゆる金融機関などでは、プロのトレーダーの方々がいらっしゃるのですが、その方々も売買をしているのですね。ところでプロのトレーダーの方々は、ちょっと特定の外貨を嫌がっているようです。特にニュージーランドとポンドは、嫌がっている方々は多いようなのですね。そもそもプロのトレーダーの方々は採用されると、会社で配属先が決定される事になります。その配属先というのは、外貨なのですね。米ドル担当になる事もあれば、ニュージーランドが配属先になる事もあります。そうかと思えばユーロを担当する事もあるのですね。ちなみにそれは会社の上司によって決定されるので、それには従う必要があります。

 

ところでトレーダーの方々は、その中でもポンドを嫌がっているのだそうです。他の配属先はまだしも、ポンドにだけは配属されたくないと思っている方々は多いようなのです。また前述のキウイもその1つです。ではなぜその2つの配属が嫌がられるかと申しますと、恐らく動きを読むのが難しいからでしょう。ポンドの場合は、かなり動きが激しいですね。ユーロなども比較的激しいと思うのですが、そのイギリスの外貨などは確かに動きが強いと思います。

 

そしてやや読みづらい一面があります。指標の発表に伴って素直に動いてくれれば良いのですが、残念ながら素直に動かない事も多々あります。それで売買をするのが少々難しいので、その配属先は嫌がる方々が多いようなのです。それとキウイなども、その1つのようですね。キウイの場合は前述のイギリスの外貨に比べれば、動き自体はそれほど激しくありません。しかしかなり読みづらい一面があります。他の外貨と比べると、やや特殊な動きになるのですね。

 

このようにプロの方々は、ちょっとポンドを敬遠しているようです。逆に米ドルなどは、多くの方々は配属先として一番希望している外貨のようですね。ちなみに私は個人的には、FXのポンドはそれほど難しくないと考えています。プロの金融トレーダーからすると、その外貨は難しいと考えている訳ですね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:58:09