お金を借りる人の特徴と考え方

お金を借りる人は多く、借りる手段もたくさんあります。特に大人になってからは何かとお金が必要となってくるので、家族や友達、会社の同僚など周りの方に借りたことがあるという経験がある方は多いのではないでしょうか。逆にお金を貸したという方も多いと思われますが、借りる側の考え方を理解してからお金を貸さないと後になって金銭トラブルになってしまうこともあります

借りる側の心理としては、お金を借りることに迷惑や罪悪感が少ない方や、相手を見下している方も中には存在します。基本的にお金を借りる方は、借りやすい方にお金を借りるため、相手を見下している可能性も高くなります。お金を貸すことがある方は、そういった心理を把握しておいたほうが良さそうです。会社の中では、後輩に借りるといった方も多いようで、一度お金を貸してしまうと何度も借りにくることがあるので、先輩など意見を言いにくい方に貸すのはやめたほうが良いでしょう。

お金の使い方も人によって様々ですが、贅沢やギャンブルなどの浪費で借りる方もいます。そういった方はお金を借りる時には、ほとんどの方が嘘をついて借りることが多いです。借りる時もそうですが、返済が遅れるといった場合にも嘘をつきやすいでしょう。借金と嘘は同時に行われやすいということを覚えて置いたほうが良いでしょう。特にギャンブルにはまっている方は、お給料のほとんどをつぎ込んでしまうので、なかなかお金が返ってこないため、なるべく貸さないほうが良いでしょう。何度もお金を借りに来る方は、長年にわたって貸し借りが繰り返されるので、縁を切ったほうが良いかもしれません。贅沢やギャンブルの他にも、見栄をはる方も借金をする方が多いようです。貧乏だと思われたくないという考えが働いてしまい、高い洋服やバッグ、時計や車を購入してしまう方もいます。お金をよく借りる方は、嘘を頻繁についたり、何度もお金の貸し借りを繰り返していると信用を無くしてしまう可能性が高いので、これからの生活をきちんと考えたほうが良いでしょう。

お金を借りる人の特徴と考え方